夫の浮気から許すまで

示談書にサイン これで終わりだ・・・

話し合いが始まって1時間位過ぎた頃でした。
夫が何やらバックの中から取り出しました。

それは【示談書】でした。
夫はこの日で決まりをつける気持ちで来ていたようでした。

【示談書】には

  • 今後はもう2度と会わない
  • この場で携帯電話の番号やLINE、メアドなど相手の情報とやり取りを全て削除する

など、事細かに記載されていました。

そして最後に示談金として○着万円払うという事が書かれていました。
我が家にこんな大金、一体どこにあるのだろう。。。と思いながらも、私は事の成り行きを見守っていました。

示談書の内容を相手女性に説明した後、夫は誰かに電話をかけ始めました。
しばらくすると私はお会いした事は無かったのですが、同窓会で主人に浮気相手を紹介したと言う、夫の友人が来ました。
その方はとても複雑な顔で私にお詫びを言ってました。
いきなりのことで私も何と返事して良いのか分からず、曖昧な返事をしてしまいました。

そして夫は言いました。
『お互いが信頼を置いているこの人の前で、示談書にサインしよう。』と。

浮気相手も示談書の内容に、特に異議は無いようでした。
○百万円という示談金の額もそれなりの効果というか力があったのだと思います。

早速、夫と浮気相手はその方の前で、携帯電話の番号やLINE、メアドなど相手の情報とやり取りを全て削除しました。
私も確認させてもらいました。

いよいよ示談書にサインという時、相手女性がいきなり泣き出してしまいました。
しかし誰も慰める事も無く、周りから見ればちょっと異様な光景だったかも知れません。

その後その友人の方も含め3人で示談書にサイン。
夫は相手女性に示談金を現金で渡しました。

しばらく沈黙が続いた後、相手女性がいきなり立ち上がり、『今まで本当にありがとう。』とだけ言って、立ち去って行きました。

夫はうなだれるような感じで気が抜けているようでした。

すると第三者になってくれた夫の友人も夫の肩をたたき、私に一礼して何も言わずその場を立ち去って行きました。

残された私達はしばらくその場に座っていました。
『帰ろうか。』
『そうだね。今まで本当にすまなかった。これでもう終わりにしたから。』

そう言って私達はホテルを後にして家路に向かいました。

こうして私達の『浮気騒動』は終わることになりました。
浮気の兆候から数カ月間ではありましたが、とても辛くて苦しい時間でした。

絶対に、もう2度とこんな経験はしたくありません。
でも、今となって思うと、夫は気持ち的に浮気が本気になる直前だったように思います。

私が浮気の兆候に気付くのがもう少し遅かったら、それこそ私達夫婦にとって取り返しのつかない事にもなりかねませんでした。

← 前の記事
(夫と一緒に浮気相手と話し合う)

トップページヘ →


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /virtual/happybird/public_html/danna-uwaki-yurusu.net/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /virtual/happybird/public_html/danna-uwaki-yurusu.net/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9