夫の浮気から許すまで

スマホを見せに突然自宅に来る

私は夫の浮気内容を告白されてから、しばらくは何もする気力が無くなってしまいました。
お腹の子に悪いと思いながらも、食欲さえ無くなってしまいました。

そんなある日の事。
夫が泊りがけの出張だった日の夜11時頃、突然自宅チャイムが鳴りました。

『こんな夜中に一体誰だろう?』

モニターの先には女性、私はとっさに夫の浮気相手だと察知しました。
モニター越しに確認したところ、やはりその女性は夫の浮気相手で、しかもちょっと興奮しているようでした。
夫から躁うつ系の様子があるとも聞いていたので、身の危険を感じた私は、チェーンロックをしたまま扉を開けました。
するとその女性はいきなり自分のスマホを私に渡して来ました。

『私はあの人との子を堕ろした。私達の今までのやり取りを見て!』

と何故か自分があくまで被害者かのような発言を繰り返していました。
そして、明日またこの時間にスマホを取りに来ると行って行ってしまいました。

『あの人、本当にヤバそう・・・、結構変だ。』

私はあの女をどうにかして夫から引き離さなければと真剣に思いました。

今思えば、この時点で本末転倒していました。
本当だったら私があの浮気相手のところに乗り込んで行くのが普通なのに。
何であの人がウチに・・・。

家の扉を閉めてから、私はそのスマホのLINEを見始めました。
夫とのLINEは例の同窓会でライン交換した時からのやり取りがありました。

  • 『2人だけで会おう』と誘っている夫のコメント
  • 浮気相手の相談に真剣に答えている夫のコメント
  • そして、どう読んでも『逢瀬・不貞』があったと捉えられる夫のコメント。

私はとてもとても全部は見ることが出来ませんでした。
確かに夫が言っていたように、最初は相手からの告白がキッカケのようでした。

しかし、それなりの感情(下心)を持った夫のコメントの数々は、浮気相手を更に本気にさせる大きな要因であった事も良くわかりました。
上手く言えませんが、その内容は仮に私が誰かに言われても、つい本気になってしまうかもと言える程の内容でした。
それ位の内容のコメントをLINEではありますが、夫は相手に出していました。

翌日も夫は出張のまま不在でした。
おそらく浮気相手はそれを知っていてこの日にしたのでしょう。

夜、私はあの人にどんな顔をして合えば良いのか分からず、また、身の危険も少なからず感じていたので、袋にスマホを入れて、外側のドアノブにかけて置いておくことにしました。
万が一無くなってしまっても大変だと思い、ずっと気にかけていたところ、昨日と同じ時間に来て、その人は特にチャイムを鳴らすことも無く、袋からスマホだけを取り出して帰っていきました。

LINEに書いてあった内容にそれなりにショックを受けていた私は自分の気持に整理がつかず、夫が出張から帰ってきた後もこの話しは特にしませんでした。

わざわざ自分のスマホを私のところまで持ってきて渡して、LINEを読ます・・・。
この行動は先方にも少なからずリスクがあるように思います。
それでも私を陥れたかったのか、それとも・・・。
先方の真意は未だに良くわかりませんが、とにかく私は身の危険も含め、大きな恐怖を感じていました。

← 前の記事
(夫が浮気の経緯を告白)

次の記事 →
(嫌がらせを受ける)


Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /virtual/happybird/public_html/danna-uwaki-yurusu.net/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8

Notice: Trying to access array offset on value of type bool in /virtual/happybird/public_html/danna-uwaki-yurusu.net/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9